全国大会 その後…

もうすぐ全国大会から一週間が過ぎようとしています。

昨日、初めて撮ったビデオをひとりで見ました。
大きな会場なのに、彼の声ははっきりとビデオから聞こえてきます。
気迫ある戦い。
今年はシードされなかったので、
一回戦から五回戦まで、引き分け再試合もあったので
合計7試合も戦う事ができました。
すごいなぁ〜

でもこれだけ戦ってもベスト16。
全国の壁の厚さも感じました。

そして今日、写真屋さんのサイトで、
長男の写真を探しました。
1枚1000円…ちょっと高いけど、
記念に何枚か買ってあげたいなぁと思って。

でもびっくりしました!
いつもならとてもきれいな形をうっている写真があるのに…

今回は鬼の形相で…
気合いを入れている写真がほとんど。

親が言うのもなんですが…
彼はお人形のようなかわいい感じなんです。

今まで見せた事がないような恐ろしい顔。
気迫が伝わってきました。
これも彼の成長なのかなぁ…

今回、試合が終わった後、彼に言われました。
「大阪のお母さんたちは仲悪いん?」
理由を聞くと、他の県では県一丸となって応援しているのに、
大阪は自分たちの道場の子、もしくは自分の子どもしか応援していない!
とのこと…

まあ正直、強化選手を選んで、全国に臨んでいる県は
親も子もまとまりがあるのか?

「ぼくらはな、試合中でも声かけ合うで!
 絶対頑張れよ!とか、絶対勝てよ!とか。
 励まされてパワーももらってるねん。
 ライバルやけど、仲良しやねん!
 ○○くん、むっちゃうまくなっててほんまびっくりしたし!」

親としての態度に反省をしながらも
年に数回しか会わなくても、
たとえ習っている道場は違っても、
同じ空手を頑張る仲間として
認め合っている事を、すご〜くうれしく感じました。

空手って、個人種目ではあるけれど、
ちゃんとライバルを認め合える心は育つものなのだと
子どもから学びました。
ずいぶん大人になってきたなぁ…

心から空手を習わせてよかった!と思える長男の発言でした。



今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
また遊びに来て下さいね

素敵な一日になりますように☆
[PR]
by tonton-0314 | 2010-08-06 21:50 | 家族
<< カレー!カレー!カレー! 空手 全国大会 >>